EYトルコ主催のウェビナーのご案内

EYトルコ主催のウェビナーにつき下記の通りご案内申し上げます。

**********************************************************
この度、トルコ政府は、税務手続法および他の法律の規定を修正する法律第7338号(以下、税法)を発効しました。税法は、税の免除、資産の再評価、インセンティブなど多くの重要なトピックに対応しており、納税者の税務コンプライアンスを促進し、税の安全性を高め、社会的正義と競争力を強化し、投資を促進し、紛争を減らし、課税の予測可能性を促進するための様々な変更を加えています。
EYトルコは、トルコで重要な存在感を示す日系企業の皆様と、トルコへの進出を計画している日系企業の皆様を2022年1月19日11時から13時(トルコ時間)に開催するオンラインセッションに招待致します。(日本時間17時から19時)
本ウェビナーは、EYトルコ税務部門責任者、Erkan Baykus主催のもと EYトルコ所属の税務および法律の専門家がお届け致します。あわせて、EYトルコのシニアアナリスト、Levent Topçuから2022年トルコ経済の見通しについてもご紹介させて頂きます。

スピーカー:
• Abdulkadir Kahraman | Partner at EY Turkey
• Levent Topçu | Associate Director at EY Turkey
• Nurdan Şeşenoğlu | Senior Manager at EY Turkey
• Berkay Kılıç | Senior Manager at EY Turkey
日本語説明:
• Susumu Tsuneda | Senior Manager at EY Turkey

本ウェビナーは次のようなご質問に対しての回答を提供致します。

1. トルコの2022年の経済見通しはどうなるのか?
2. トルコ税務アップデート:
•トルコ居住法人が手当てする必要のある移転価格文書の要件
•「最終受益者」の概念とトルコ居住法人の関連する義務
•デジタル課税のステップ:WHT、VAT、デジタル税の最近の動向
•税務費用の損金不算入制限と潜在的な影響を緩和するための提案
•建設工事への課税に関するアップデート
•税務計画ツールとして、減価償却の対象となる不動産およびその他の資産の再評価
•自己株式を取得する際のトルコ居住法人への課税
•R&Dおよび技術開発ゾーン規制についての直近における修正と改正
•税法によって導入された新しいルールと既存のルールの変更:
資産の減価償却規則の変更と資産の再評価
みなし利息控除、優良納税者への減税等
3.国際税務アップデート:
•新世代の国際税務:最低グローバル法人税率の適用

このイベントは主に英語で開催をし、日本語で補足を加えます。
もしご質問等ございましたら、eytax.sbd@tr.ey.comまでご連絡ください。

ご登録

大統領府投資局 トルコ本部 在アンカラ・イスタンブール

投資の魅力

  1. トルコの2010年-2016年の平均成長率は6.5%、201…
  2. 人口と所得の増加が相まって、トルコの国内市場は急拡大を続けて…
  3. 一般政府債務残高はGDP対比約30%で推移、先進各国、G20…
  4. 年間150万台の自動車生産のうち、平均80%がEU、中近東等…
  5. すでにトルコは約8千万人の人口となりましたが、毎年1%前後の…
  6. 東西ではアジアとヨーロッパの間、南北ではユーラシア大陸と中東…
  7. 人口の増加に支えられ、労働力人口も増え続けています。また労働…
  8. 2003年に国策として外国投資法が導入制定されて以来、基本的…
  9. トルコ経済の課題を克服するための構造改革が積極的かつ継続的に…