インセンティヴ(投資優遇制度)とは

2003年6月に発効した「外国投資法」(FDI Law)が、トルコ共和国の海外からの投資誘致の基礎となっていますが、その後も関連法整備がすすみ、現在の投資優遇制度(インセンティヴ)の基本的枠組みは、2012年6月に発効した「投資インセンティヴ法」により定められています。

また、その後も、追加的なインセンティヴ制度の整備が進み、2016年7月に投資促進のための追加的インセンティヴの制定、同年11月に「プロジェクトベースのインセンティヴ制度」の発効、などが進みました。

これらインセンティヴは、以下のように内外からの事業投資に活用され、適用案件も増え、適用投資金額も大幅に増えています。

Incentivized Investments are on Rise(Domestic+Foreign Investments)



 

Incentivized Investments are on Rise(Foreign Investments)



Sectoral Breakdown of Incentive Applications for 2017 (Domestic+Foreign Investments)

 

大統領府投資局 トルコ本部 在アンカラ・イスタンブール

投資の魅力

  1. トルコの2003年-2016年の平均成長率は5.6%です。今…
  2. 人口と所得の増加が相まって、トルコの国内市場は急拡大を続けて…
  3. 一般政府債務残高はGDP対比約30%で推移、先進各国、G20…
  4. 年間150万台の自動車生産のうち、平均80%がEU、中近東等…
  5. すでにトルコは約8千万人の人口となりましたが、毎年1%前後の…
  6. 東西ではアジアとヨーロッパの間、南北ではユーラシア大陸と中東…
  7. 人口の増加に支えられ、労働力人口も増え続けています。また労働…
  8. 2003年に国策として外国投資法が導入制定されて以来、基本的…
  9. トルコ経済の課題を克服するための構造改革が積極的かつ継続的に…