エネルギー

2023年へ向け、共和国建国 100 周年となるトルコのビジョンには、以下のようなエネルギー部門の目標が想定されています:

  • 国の設置発電容量を120GWに増加させる
  • 再生可能エネルギーの割合を30パーセントまで引き上げる
  • 水力発電の使用を最大限にする
  • 風力発電による設置容量を20,000MWまで増加させる
  • 1,000 MWの地熱発電および 5,000 MWの太陽光発電を産出できる発電所を設置する
  • 送電線を60,717 kmの長さまで延長する
  • 電力配分装置の容量を158,460 MVA まで増加させる
  • スマートグリッドの使用を拡大する
  • 天然ガスのストレージ容量を110億m3以上まで拡大する
  • 原子力発電所の運転を開始する (2基の原子力発電所を運転、3基目を建設中)
  • 設置されている石炭火力発電所の現在の17.3GWの容量を30GWに増大する

ISPAT本部によるレポート「RENEWABLES.ENERGY.INDUSTRY」、および
Deloitte社によるレポート「ENERGY INDUSTRY」と「RENEWABLE INDUSTRY」をご紹介いたします。
下記の画像をクリックいただくとPDFデータをご覧いただけます。

大統領府投資局 トルコ本部 在アンカラ・イスタンブール

投資の魅力

  1. トルコの2003年-2016年の平均成長率は5.6%です。今…
  2. 人口と所得の増加が相まって、トルコの国内市場は急拡大を続けて…
  3. 一般政府債務残高はGDP対比約30%で推移、先進各国、G20…
  4. 年間150万台の自動車生産のうち、平均80%がEU、中近東等…
  5. すでにトルコは約8千万人の人口となりましたが、毎年1%前後の…
  6. 東西ではアジアとヨーロッパの間、南北ではユーラシア大陸と中東…
  7. 人口の増加に支えられ、労働力人口も増え続けています。また労働…
  8. 2003年に国策として外国投資法が導入制定されて以来、基本的…
  9. トルコ経済の課題を克服するための構造改革が積極的かつ継続的に…