日本の企業の皆様へ

トルコはアジアとヨーロッパをつなぐ場所にある国で、日本からは西へ8500kmの距離にあります。遠いようですが、意外と共通点も多く、例えば、日本語もトルコ語も同じアルタイ諸語族に属しています。 両国の関係は、明治時代の1890年にエルトゥールル号の遭難救助から、イランイラク戦争時テヘランからの日本人避難救援の逸話、大地震のときの相互の支援など、とてもよいものです。

今、トルコでは200社を超える日本の企業が活躍しています。でも、私は、もっともっと多くの日本企業がトルコで活躍できると信じています。日本企業にとってのトルコの魅力をいくつか挙げてみましょう。

6%前後の成長が続く好調な経済と8千百万人の若く増え続ける国民に支えられた大きな需要は、あらゆる商品やサービにとってこれからも伸び続ける魅力的な市場を提供します。

欧州との関税協定や周辺国との良好な経済関係を背景として、国内市場だけでなくたった4時間のフライト内の巨大な周辺国市場を目標にした生産基地として最適です。すでに自動車や家電など、さらに農産物や食品も含めて、トルコは生産・輸出基地としての立地を確立しており、これからも拡大するでしょう。

これらの成長を支えるインフラ、国際的エネルギー回廊、新たな多くのメガ開発プロジェクト、すでに確立している国際的観光地など、新たなビジネス・投資機会が目白押しです。

しかも、トルコは外国の企業を国策として歓迎しています。基本的に内国民待遇で、海外への利潤の送金などの制限も全くなく、起業や投資の諸手続きも簡便なことは、OECDなどの国際比較調査によっても明らかです。

これらの魅力に加え、私がはっきり言えることは、トルコは間違いなく親日国であって、トルコのビジネスマンや消費者は、日本の企業の皆様や商品を歓迎したいと考えているということです。

私の組織、トルコ共和国首相府 投資促進機関は、企業の皆様のトルコへの投資を支援するために作られたものです。 投資していただくだけでなく、皆様がトルコで成功していただく、それが目的です。ぜひ、トルコに興味を持っていただいて、一緒に仕事をいたしましょう。

総裁
アルダ エルムット

To: Japanese Businesspeople

Turkey is located in between Europe and Asia, and lies 8,500km west of Japan. It may seem far; however, we have interesting common points, not the least of which is that our languages both have roots in the Altaic family. The relations between two countries have been close over the years, strengthened by events as far back as 1890, when Japanese citizens risked their lives to save the crew of the ship Ertugrul, which had run aground, and more recently when Turkey repaid that kindness by helping to evacuate Japanese expatriates from Tehran during the Iran-Iraq War, and let us not forget the support shown to one another after each of our countries experienced catastrophic earthquakes.

Today we see that our ties have led to more than 200 Japanese companies being very active in Turkey, however, I believe even more Japanese companies can succeed. Let me show some of Turkey’s attractive features for Japanese companies.

Continuous economic growth of around 6% per annum and an 81 million strong population that is relatively young and supporting in a market that exhibits increasing demand for every product and service.

The Customs Treaty with the EU and good relations with neighboring countries mean that Turkey is the ideal manufacturing base to tap into both the large domestic market as well as the huge number of markets located within a four-hour flight radius. Automobiles, white products / TVs, and food / agricultural products already have established stable production bases in Turkey, and they are expanding.

The expansion of infrastructure to support growth targets, a geostrategic location that makes it a prime international energy hub, a variety of new mega projects, and an established and expanding tourism sector all provide new opportunities for business and investment.

Turkey welcomes foreign investors, extending to them all of the same rights enjoyed by Turkish citizens when it comes to investments. This “national treatment” means there are no barriers to transferring business income abroad, and the procedures for starting a business or making an investment are fast and easy.

In addition to above, what I can say clearly is that Turkey and Japan are friendly and allied nations. Turkish businesspeople and consumers welcome Japanese companies and products as their partners.

Our organization, Investment Support and Promotion Agency of Turkey, has been established to support foreign investors looking to come to Turkey. Your success in Turkey is our goal. Let’s build upon this interest in Turkey and work together.

Arda Ermut
President

大統領府投資局 トルコ本部 在アンカラ・イスタンブール

投資の魅力

  1. トルコの2003年-2016年の平均成長率は5.6%です。今…
  2. 人口と所得の増加が相まって、トルコの国内市場は急拡大を続けて…
  3. 一般政府債務残高はGDP対比約30%で推移、先進各国、G20…
  4. 年間150万台の自動車生産のうち、平均80%がEU、中近東等…
  5. すでにトルコは約8千万人の人口となりましたが、毎年1%前後の…
  6. 東西ではアジアとヨーロッパの間、南北ではユーラシア大陸と中東…
  7. 人口の増加に支えられ、労働力人口も増え続けています。また労働…
  8. 2003年に国策として外国投資法が導入制定されて以来、基本的…
  9. トルコ経済の課題を克服するための構造改革が積極的かつ継続的に…