トルコ共和国大統領府投資局とは

トルコは今世紀に入り、外国からの投資誘致を促進する為、法制度の整備、投資優遇制度の導入など様々な政策を進めてきましたが、さらに積極的に投資誘致を進めるため、政府一丸となって取り組む省庁横断的組織・総理大臣直属の組織として、2006年12月に、トルコ共和国首相府投資促進機関(ISPAT)が設立されました。
その後、2017年4月の憲法改正を受け、2018年7月にトルコが議院内閣制から直接選挙による大統領制に変更されたことにより、ISPATも首相府所属組織から大統領府所属組織に変更となり、正式に「大統領府投資局」(Presidency of the Republic of Turkey, Investment Office)となりました。関連法令により、旧ISPATのすべての業務内容、資産、権利義務などがそのまま継承されました。以下、投資局についてご説明致します。

日本の企業の皆様がトルコへの投資をご検討されるに当たり、全般的な情報提供から各種コンサルティング、現地調査のサポート、関係機関や地方自治体との連携・紹介など、広範な支援をすべて無料で行っています。また現地進出後のフォローアップサービスも行い、トルコへの投資が成功するよう支援を致しております。

投資局のサービスにおいて、すべての顧客情報は極秘扱いで内部作業を行います。企業の皆様の同意なくして企業名や案件内容を外部に参照したり共有したりすることはありません。また、投資局の業務指針として「民間セクターアプローチ」を徹底することとしており、民間企業の意思決定プロセスや価値基準を尊重し、これに沿った支援を行うことを旨としております。 民間セクターのアプローチとすべての政府機関の支援を組み合わせた投資局の無償サービスには 次のようなものがあります。

コンサルティングサービス

投資局のコンサルティング サービスは、外国直接投資(FDI)に関する法律ならびに規制の最新情報とガイダンス、トルコでビジネスを始める方法、セクター別ならびにマクロ経済データ、投資に対する優遇措置、会社経営に関する様々なコスト要因、税制などを含みます。 トルコ市場の可能性を理解していただく為の、様々なセクターの詳細な産業分析や市場レポートなど、一般的な、あるいはカスタマイズされたビジネス情報を提供します。

コー​​ディネーションサービス

トルコへ新規参入を検討される企業の皆様への主要なサービスの一つは、政府機関、地方自治体、業界団体、大学、サービスプロバイダー、また非政府組織など、様々なステークホルダーとの関係をコーディネイトすることです。 投資局は、トルコ政府・トルコ民間部門と日本企業の橋渡し役として、アドホックなB2BおよびB2Gの会議開催のための支援を行います。トルコ市場のへ円滑な参入を実現するため、投資局は投資プロジェクトに関連する潜在的なサプライヤー、顧客、そしてサービスプロバイダーとの初期の紹介を行い、コネクションの確立、相互の意思疎通を支援します。

ビジネス ファシリテーション サービス

トルコにおける様々な行政窓口へのビジネスに付帯する各種申請の手順や手続き、そして投資のプロセスに関する申請手続きを支援します。事業主体の設立、労働ならびに在住許可申請、インセンティブ申請、環境影響評価プロセス、その他関連ライセンスに関する支援などが含まれます。

事業サイト選択のサポート

投資局のサイト選択チームは、利用可能な用地サイトの調査、取得コスト、電力の接続状態、天然ガス、水道、およびユーティリティー等についての必要な情報の調査を行います。投資局のサイト選択サービスへのサポートは、机上の調査に限定されず、日本企業とのサイト見学、その後のフォローアップ、インフラや土地開発のコーディネート、そしてその実現可能性に関する関連データや情報収集を支援致します。

投資調査チーム・団体への支援

投資局は、トルコへの調査チームや団体の訪問について後方支援業務を提供致します。投資局の専門家チームは、ビジネスコミュニティーならびに政府機関や自治体との会合を開催するだけでなく、トルコで安心して滞在していただけるよう、調査計画へのアドバイスに加え、適した宿泊場所を見つけるお手伝い、空港からホテルならびに会合場所までの送迎を手配致します。

投資プロジェクト開始に関わるサービス

投資局は、トルコに投資することを決定した企業の開業・立ち上げ時に関わるサービスを提供しています。これらのサービスには、投資を発表するためのプレスリリースの作成と配信、起工ならびに発表セレモニーの準備、そしてその他投資や事業の開始に関連するPR活動などが含まれます。

トルコ国内パートナー発掘への支援

投資局は、日本企業による、合弁事業、M&Aなどにおけるトルコ国内のパートナー企業の発掘を支援致します。また海外のパートナーを探しているトルコ企業の紹介を通じて、日本企業の適切なパートナー探しを支援致します。

アフターケアサービス

投資局は、日本企業が初期投資プロジェクトを完了した後も支援致します。継続する事業のライフサイクルのすべての段階が円滑に行われているか確認するため、企業と密に連絡を取ります。トルコへ進出した企業が、投資に関連する制度的問題に直面した際にはいつでも、投資局は政府と進出企業の間の仲介や支援を行います。また投資環境に関するワークショップや調査、さらに投資環境改善に関する政策提言など、幅広く根本的なアフターケアサービスも実施しています。

大統領府投資局 トルコ本部 在アンカラ・イスタンブール

投資の魅力

  1. トルコの2003年-2016年の平均成長率は5.6%です。今…
  2. 人口と所得の増加が相まって、トルコの国内市場は急拡大を続けて…
  3. 一般政府債務残高はGDP対比約30%で推移、先進各国、G20…
  4. 年間150万台の自動車生産のうち、平均80%がEU、中近東等…
  5. すでにトルコは約8千万人の人口となりましたが、毎年1%前後の…
  6. 東西ではアジアとヨーロッパの間、南北ではユーラシア大陸と中東…
  7. 人口の増加に支えられ、労働力人口も増え続けています。また労働…
  8. 2003年に国策として外国投資法が導入制定されて以来、基本的…
  9. トルコ経済の課題を克服するための構造改革が積極的かつ継続的に…